読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プチコンで遊ぼう! (はてなブログ版)

任天堂3DSのプチコンで遊ぼう! [twitter:@eida_s]

はてなダイアリーから移行しました。 はてなダイアリーのURLを開いても自動的にこちらにリダイレクトされますのでご了承ください。

プチコン3号 OUT引数について

今日分かった(自分が理解した)こと。

プチコン3号の命令一覧を見ると、引数の記述の中に OUT というキーワードを含むものがある。
これは、OUTのキーワードから先に書かれている引数は、OUT引数であることを示しているようだ。
ここで言っているOUT引数とは、呼び出し元に戻される値、つまり戻り値と言ってもよい。
なお、プチコン公式ではOUT引数、という言葉は使われていないので、私がただそう呼んでいるだけである。
今風の言語でいう call by reference の引数ということだろう。(本当に同じかは知らない。)
また、call by value の引数については、IN引数 と呼んでおくことにしよう。

で、一般的な記法として、プチコン3号ではOUT引数がある場合の記法が以下のように形式化されたようにみえる。
AとBをIN引数、CとDをOUT引数、命令がXだとすると、以下のような記述になる。

X A,B OUT C,D

IN引数、その後にOUTで区切って、OUT引数、というように書くようである。

これはちゃんと覚えておいた方がよさそう。