読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プチコンで遊ぼう! (はてなブログ版)

任天堂3DSのプチコンで遊ぼう! [twitter:@eida_s]

はてなダイアリーから移行しました。 はてなダイアリーのURLを開いても自動的にこちらにリダイレクトされますのでご了承ください。

3号プログラミング覚え書き(5) 画面編

・解像度:上画面は400x240ドット、下画面は320x240ドット

・コンソール:上画面50x30文字、下画面40x30文字

・画面モードの切り替えはXSCREENで行う
XSCREEN 4を指定した時は、上下がつながって320x480(上240、下240)ドットになる(上画面の左右40ドットずつは使えない)。

・上画面・下画面から描画したい先を選ぶ時はDISPLAYを使う
上画面 DISPLAY 0
下画面 DISPLAY 1
を指定してから、描画命令(グラフィック、スプライト、BG、コンソール)を実行する。
(XSCREEN 4の時はDISPLAY 0のみ)

GRPリソースのサイズは512x512ドット
GRPリソースは、単なる512x512ドットに対応したメモリリソースで、画面上ではその一部分が見えているだけだと思えばよい(見えない部分も存在していて、グラフィック描画命令で実際に描くことができる)。

GRPは0〜3がグラフィック、4がスプライト用、5がBG用
GRP4はスプライト用、GRP5はBG用の画像元データの置き場として使われる。
GRP0〜3はグラフィック用で、デフォルトの状態では上画面にGRP0、下画面にGRP1が割り当てられている。

・表示・操作したいGRPを変更するにはGPAGEを使う

GPAGE 表示ページ,操作ページ

のように指定する。

・表示ページは表示画面とGRPリソースの関連付けを表す
表示ページは、GRPリソース(単なるメモリリソース)と画面の関連付けを行う。
つまり、下画面にGRP3を表示したい時は以下のようにする。

DISPLAY 1
GPAGE 3,3

・操作ページはグラフィック描画命令の適用対象を表す
操作ページは、グラフィック描画命令(LINE、PAINTなど)が適用される対象のGRPリソースを指定する。

このようにプチコン3号では、表示ページと操作ページは全く異なる概念となっている。