読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プチコンで遊ぼう! (はてなブログ版)

任天堂3DSのプチコンで遊ぼう! [twitter:@eida_s]

はてなダイアリーから移行しました。 はてなダイアリーのURLを開いても自動的にこちらにリダイレクトされますのでご了承ください。

標準のグラフィックエディタ(SBGED)に機能追加してみた

標準のグラフィックエディタ(SBGED)に、GSAVEデータをDATA文にして書き出す機能を追加してみました。

f:id:eidaht:20170515011029j:plain

ファイル名: SBGED

公開キー: 4RQ5438D

公開日: 2017/05/15

バージョン: 1.71 (標準のv1.7を基準にしている)


標準のグラフィックエディタ(SBGED)に次の機能を追加したものです。

・GSAVEデータをDATA文にして書き出す機能
スプライトのGRPをほんのちょっと直しただけなのに、GRP全体を配布するのは仰々しい...、というときに使える機能です。
GSAVEのデータをDATA文として出力してくれます。

【使い方】
①SBGEDが起動したら、COPYモードにして範囲選択します。
②Yボタンを押します。「フォント読み込み」となっていたところが「そのほかの機能」と表示されます。
③さらにYボタンを押します。使える機能が表示されます。
④Yボタンを押して「GSAVEデータ出力」の機能を起動します。
⑤出力先のスロットを聞いてくるので、上下でスロットを選択してAボタンで決定します。
⑥指定したスロットに、DEF文とDATA文が出力されます(画像参照)。
 DEF GLOAD_G04_001となっていたら、プログラム本体で「GLOAD_G04_001」を呼び出すとGRPへの書き込みを行います。
 スプライトやBGの定義に対して使うことを想定していますが、他のGRPに書き込みたい時は、DEF文中のGP,X,Yのあたりを適宜書き換えてください。